会期中の開館時間:12:00〜19:00 休館日:会期中無休 お問合せ先:03-5144-0330
※会期中は、3Bのみの開館とさせていただきます。3Aショップはお休みさせていただきます。あらかじめご了承ください。

倉科昌高 個展「ヤマノカミサマ」
2018年7月28日(土)〜8月12日(日) @btf 3B

この度@btf(中央区勝どき)は、
倉科昌高 個展「ヤマノカミサマ」を開催いたします。
カスタムペインターとして知られる倉科昌高が、
自らの原体験から受けた衝動を作品に昇華。
じつに1年間にわたり創作を続けた作品群によって、
倉科昌高の新たな魅力を探ります。

 

倉科昌高 氏 コメント

 幼少期から長野県の山間部で育った私は、山で用をたす時に必ず『ヤマ〜ノカミサマドイトクレ』と節をつけて唱えていました。そのころの私にとって、山は好奇心の源泉でした。数メートル先でじっと立ってこちらを見ているカモシカや猿の群れとの遭遇の息が止まるような緊張感。それに虫や魚とりに夢中になって、ふと気がつくと木々の奥の方に何か恐ろしいものがいるような気がして、急いで森を出て自転車に跨った瞬間のホッとした感覚は、今でも忘れることができません。
 
 日本は古来より八百万の神として自然や動物をまつり信仰する国です。では日本人は本当に自然を愛し大切にして来たかというと、神の使いとして神社にまつる一方で積極的に絶滅させたニホンオオカミのような例もあり疑問が湧いて来ます。人間の都合によって変化する動物の立場は、人間の社会でも共通して見出せます。今回は、山の神様とはなんなのか?自然崇拝は現実の自然とつながるのか?人が畏れ崇拝するものの正体とはなんなのか?そんなことを考えながら制作した作品を展示します。

 

■倉科昌高プロフィール
1993年よりカスタムペインターとして
MTBレーサーのヘルメットペイントを始める。
現在は、バケツやシャベルなどの日用品から建築の分野まで、
ありとあらゆる立体物をベースにカスタムペイント作品を制作。
ミュージシャンや現代美術家など、
異種クリエイターとのコラボレーション作品も多数ある。
www.m-kurashina.com


倉科昌高「ヤマノカミサマ」
会 期 :2018年7月28日(土)〜8月12日(日) @btf 3B
開館時間:12:00〜19:00
休館日:会期中無休
入場料:無料
会 場 : @btf 地図