定休日:土曜日・日曜日・祝日 営業時間:11:00~17:30 お問合せ先:03-5144-0330

2010年12月アーカイブ

ジョッキ!

| コメント(0) | トラックバック(0)
「浮遊する楽器」展、本日が最終日です。
teamlab01-thumb-200x197.jpgお時間が許す方は、是非、ご来場ください。
幻想的な空間が広がっていますよ!!!!!

年末ということで、
お酒を呑むイベントが多くなってきていると思いますが、
こんなジョッキで乾杯するのもありかと。




0350010000192.jpg
1970年代に作られたキャラクターのアンティークグラスです。
「SPECIAL AGENT」と書かれたアメリカ連邦捜査局、
FBIのビンテージグラスです。幼少時代にアニメや漫画、
もしくは映画などの主人公がプリントされているグラスがあったと思います。あの頃、食卓で使っていた、もしくはあの頃の想い出がプリントされたグラスや食器を使う喜びを感じられる一品です。
FBI ビンテージジョッキはこちらからどうぞ。


@btfは、明日、12月27日(月)〜1月7日(金)まで冬期休暇となります。

2011年1月8日(土)からは、「@btfセール」を開催いたします。

是非、ご来場のほどよろしくお願いいたします。
蝶ネクタイを着けたことはありませんが、0350030000252.jpg
きっと気持ちが引き締まるのだろうなぁ〜



思いつつ、こちらの商品です!

2008年にcoletteとGAPがコラボレーションし、
NYに期間限定ショップをオープンしたときのcolette×GAPのスコッチテープです。

一見黄色と黒の普通のストライプ柄のテープに見えますが、よく見ると黄色と黒のストライプの蝶ネクタイがプリントされています。

段ボール箱にこのスコッチデープを使うのはもったいないと一見思いますが、
そんな段ボールもおしゃれなダンボ−ルに変身してしまうアイテムです。

colette x GAP スコッチテープのオーダーはこちらへ

Domino

| コメント(0) | トラックバック(0)
teamlab01.jpg
今年もクリスマスがやってきました!!
夜の街を歩くと美しいイルミネーションが目につきますね。
キラキラとしていて、心が温まります。
さて、只今@btfで開催しているteam Labの「浮遊する楽器」展は本日も行っております!
一風変わったイルミネーションのような、触れて遊べる楽器です。
今日は家族や友人、恋人と一緒に過ごされる方も多いと思いますが、@btfに足を延ばしてみるのはいかがでしょうか?


本日ご紹介するのは贈り物としても喜ばれるような、Stig Lindbergによる「Domino」シリーズの灰皿です。
0350010000262.jpgのサムネール画像のサムネール画像灰皿と言っても、ジュエリートレーや小物入れなど、灰皿以外としても利用ができ、空間にあるだけで嬉しくなるような逸品になっております!!

スウェーデンのミッドセンチュリー期を代表するクリエーターであったスティグ・リンドベリ。
工業デザイナーであり、イラストレーターであり、テキスタイルデザイナーでもあった「ものづくり」にまつわるあらゆることをこなしてしまう伝説的な人物です。
そんな彼がとりわけ力を注いでつくり、長くにわたり人々に愛されたと言われるのが、この「Domino」シリーズの灰皿です。
ストーンウェア製の黒と白の幾何学模様が施されたシックなデザインになっています。
0350010000272.jpgのサムネール画像のサムネール画像お部屋のインテリアなんかにいかがでしょうか??

Stig Lindbergの「Domino」シリーズはこちらからもご覧いただけます。



それでは、今日が素晴らしい日になりますように!メーリークリスマス!!


只今開催中の"チームラボ×高橋英明「浮遊する楽器」展"のイベントとして、
 チームラボ代表の猪子寿之氏セミナー 全2回の最終回が12月21日行われました。

DSC09312.JPG











第1回目では、チームラボのこれまでの仕事のお話、
そして日本の文化という面白さについて、
これからのチームラボについて語っていただきましたが、

今回はセミナー出席者の質問に猪子氏が回答する、というスタイルで行われました。

客観的思想、有限と無限、 アートで確実に儲かる方法、
恋愛観、知識の拾い方、仲間、未来、など

沢山の質問から回答も広がりを見せていました。

"猪子流"の回答に深く頷く方、吹き出してしまう方の姿もあり...。
出席された皆さんの中に"気づき"はあったでしょうか?

"チームラボ×高橋英明「浮遊する楽器」展"
26日まで行っておりますのでお気軽にお立ち寄り下さい。

ゴヤール

| コメント(0) | トラックバック(0)
今日ご紹介するのは、ヴィンテージの大きなトランクです。

0310060000022.jpg 老舗ブランドのGoyardから
1970年代に制作されたトランクになります。
耐久性に優れ、丈夫で長持ちする構造、
そして軽量で上質のキャンパス地が用いられています。
長旅には必需品のトランクケース。
道中汚れても、
その汚れがまたいい味になっています。

Goyardは1853年エドメ・ゴヤールによって創設、本国フランスでは今や国民的人気を誇るブランドです。
愛用者には、古くはアーサー・コナン・ドイル、現代でもマドンナやカール・ラガーフェルドなどなど、著名人が名を連ねています。

実用性だけでなく、芸術的な美も兼ねそろえたトランクになっております。
ゆったりとした長旅のお供にいかがでしょうか?
Goyardのトランクケースはこちらからもご覧頂けます。



スナッチ!

| コメント(0) | トラックバック(0)
映画「snatch」のプレミア試写会で関係者のみに配布された
0320010000142.jpgドルチェ&ガッバーナとのコラボTシャツ。


監督のガイ・リッチーの元妻マドンナが着用していたのがメディアに取り上げられ、プレミアがついて出回るようになりました。

映画「snatch」は、同じガイ・リッチー監督が撮った前作『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』と通底するスタイルで製作された作品で、時代に色褪せないヒップな映像で織り成された群像劇の21世紀の名作です。このTシャツには、同作品、発表時の熱が込められています。

ガイ•リッチーと言えば、コマーシャル、プロモーションビデオの
ディレクターから映画監督になった人。
短い時間の中で、いかにエンタテインメントするかのプロです。

彼が手掛けたBMW Films(2002年)、今見てもクール!

snatch Tシャツは、こちらからどうぞ

案内本!?

| コメント(0) | トラックバック(0)
0080000000042.jpg
今日ご紹介するのは@btfの根本である
バタフライ・ストローク・株式會社の案内本です。

なぜタイトルに「!?」をつけたのか、
それは会社を案内する本として紹介するよりも、
写真集、ヴィジュアルブックという楽しみ方の方が
呼び名にふさわしいのではないか。と思ったからです!

「バタフライ・ストローク・株式會社 案内」は
広告のみならず多岐の分野に渡り活動を続けてきた、バタフライ・ストローク・株式會社を、
写真家・久家靖秀氏撮影による制作現場とbtfに所属するクリエーティブデザイナーの作品を掲載しました本です。


全42ページ。1ページ目から最後のページまで楽しんで頂ける一冊です。

中身を少しだけお見せしましょう。

DSC09290.JPGDSC09289.JPG
本の中身からノスタルジックな写真を少しお見せ致しました!
「バタフライ・ストローク・株式會社 案内」はこちらからご覧いただけます。




寒さが続きますね、@btfのある勝どきは東京湾に隣接しています!
だから渋谷や新宿などの内陸よりも体感温度が−2℃下がるとか。。。



寒いですね!海の中はもっと寒いのでしょうか?
今日はそんな海の生き物をご紹介いたします!
0310050000052.jpg


ずずん、と大きな姿を現してくれたのは
「ハンマーヘッドシャーク(シュモクザメ)」のオブジェです。

頭の部分が左右に張り出している奇妙な風貌をした
サメです。世界各地に存在するサメですが、もちろん日本にも出没しており、鳥取県や福岡県などの海水浴場にも出没するという恐怖の存在。そんな逞しく、強いサメをインテリアとして楽しめるのが同オブジェです。その艶やかな皮膚など、
リアルにつくられているので、
その本物感を楽しむことができます。


全長2メートル以上ある大きなオブジェ、
姿だけ見ると映画「ジョーズ」を彷彿とさせるかもしれませんね。


ちょっと違う角度で見てみると。。。DSC09285.JPG



今ハンマーヘッドシャークちゃんは@btfのギャラリー入口上
のロフトに佇んでいます!ギャラリーに来てくださったお客様を歓迎してくれています。
ふっと見上げると、、、実は獲物を狙っているのかも?





「ハンマーヘッドシャーク(シュモクザメ)」のオブジェはこちらからご覧いただけます。


DSC09286.JPG
DSC09283.JPG パーティーシーンの多い年末です!


今流行のポシェットを周りの人と大きく差をつける
ビンテージから選んでみてはいかがでしょうか?






「Goyard ヴィンテージポシェット」
老舗ブランドGoyard(ゴヤール)のヴィンテージポシェットです。
Goyard(ゴヤール)は、1853年エドメ・ゴヤール(Edme Goyard)によって創設、
本国フランスでは、今や国民的人気を誇るブランドです。
愛用者には、古くはアーサー・コナン・ドイル、グレゴリー・ペック、ウィンザー公夫妻ら、
現代でもカール・ラガーフェルドやマドンナなど、が名を連ねています。
ポシェットはがま口になっていて、内側は革張り仕様。黒のヘリンボーン地に、
ビンテージならではの燻したような金のチェーン(60cm)が映えています。


DSC09284.JPG 開くとこんな感じです。
間口22cmで、深さ18cm。
芸術的でありつつ実用的な逸品です。
布地で出来ているので内容量もけっこう入りますよ♪





Goyard ヴィンテージポシェットはこちらからご覧頂けます。



re-masterpiece bag

| コメント(0) | トラックバック(0)
本日は韓国の売れっ子プロダクトデザイナー、Zinoo Parkのトートーバックをご紹介します。

DSC09279.JPG

カラフルな可愛いトートーバックに人物が描かれています。
近づいてみて見ると・・・

DSC09269.JPG
DSC09273.JPG












向かって左側のトートーには、中世から抜け出したかのような男性がリビングで掃除機をかけています!!
右側のトートーにはなんと聖パウロがゴールキーパーをしているではないですか!!

実はこのトートーはそれぞれ有名絵画をモチーフにして、絵の中に現れる登場人物を切り取り、現代の世界にタイムリープさしているという、なんともシュールでユーモア溢れるデザインになっているのです。
掃除機をかけている男性は、フランス絵画の巨匠テオドール・ジェリコーの傑作「The Wounded Culrassler 」をモチーフに、ゴールキーパーの聖パウロはイタリア・ルネッサンスの画家パルミジャニーノの「聖パウロの回心」をモチーフにしています。

クスッと笑えるこのトートーの制作者Zinoo Parkは、ルイヴィトンの偽物バッグをモチーフとしたFAKE BAGを発表するなど、お騒がせアーティストでもあります。

お出かけする時のお供にいかがでしょうか?
Zinoo Parkのre-masterpiece bagはこちらからもご覧いただけます。


駄美術!!?

| コメント(0) | トラックバック(0)
12月も半ばになり、どんどん寒くなってきましたね。
今日も午前中の爽やかな晴天と打って変わり、雲行きが怪しくなって参りました。
 夕方にはもっと気温が下がりそうですね。防寒をしっかりとしてお出かけ下さい。


0250020000012.jpg さて、この寒い中コタツを出した方も多いのではないでしょうか?
本日はコタツで温々しているときに手に取って読みたくなるような本をご紹介しようと思います。

こちらに向かってニッコリと微笑むこけし・・・ん?鉄アレイ?? 何だか不思議な本、その名も「駄美術ギャラリー」。
 「これは美術ではない!」と言われてしまった市民派アートユニット現代美術二等兵による至って本気な、でも笑える作品集です。

「こけしアレー」や「ぐれダルマ貯金箱」を筆頭に、クスッと笑える作品が解説付きで載っています。
 そんなゆったりと楽しめる「駄美術ギャラリー」。
コタツの上にミカンとお茶と、駄美術ギャラリーなんていかがでしょうか?

現代美術二等兵の作品はこちらからもご覧頂けます。
只今開催中の"チームラボ×高橋英明「浮遊する楽器」展"のイベントとして、
 チームラボ代表の猪子氏セミナー 全2回中の第1回目が昨夜開催されました!

DSC09246.JPG











今回はチームラボのこれまでの仕事のお話、そして日本の文化という面白さについて、
これからのチームラボについてなど、 かなり興味深いお話を聞く事が出来ました。

マリオと大和絵、なんだか日本の文化は当たり前にそこのあるのでそれが"普通"でしたが、
文化的背景によって見え方も感じ方も変わる、という事を改めて感じました!

次回は猪子氏に参加者が質問する!という内容で進んでいきます。
セミナーのご参加は残念ながら締め切らせていただいておりますが、
次回の内容もブログで少しお伝え出来たらと思っておりますのでお楽しみに♪

展示は26日まで行っておりますのでお気軽にお立ち寄り下さい。


Big Boy

| コメント(0) | トラックバック(0)


ぐっと冷え込んできました!寒さでついつい、笑顔も凍りがちですが
どんな寒さでも満面の笑顔で迎えてくれる彼をご紹介いたします。 0030040000032.jpg


彼の名前は"ボビー"日本でも有名なファミリーレストランのキャラクターです。 ご存知ですよね♪

「Big Boy Resutaulant paper soup cup」
アメリカのハンバーガー・レストランチェーン「Big Boy」のスープ用ペーパーカップです。カップにはあの赤と白のチェック柄のズボンにサスペンダーをつけたマスコットキャラクター「ボビー」がプリントされています。アメリカ創業されたのは、1936年。カリフォルニアではじまったということもあり、そのハンバーガーショップの明るい空気がさまざま店内のアイテムにも活かされていました。このスープ用ペーパーカップは1950年代に使用されていたものですが、ここにも、その出発点から培われた西海岸の匂いが込められています。
かなり入手困難なアイテムです!


「Big Boy」というと、ファミリーレストランなイメージですが、
 「THE3名様」であの3人が毎夜語っているのも「Big Boy」なんです。

アメリカ西海岸からやってきたビリーは今では日本人に馴染み深いキャラクターとなってるんですね。 1950年代のカップ!半世紀以上たった今、手に取って当時の雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか? 今のビリーと顔もだいぶ違っていて面白いですよ♪

「Big Boy Resutaulant paper soup cup」はこちらからご覧頂けます。

安全隊長!!

| コメント(0) | トラックバック(0)
本日は大変な建設作業も元気百倍になれるヘルメットをご紹介します。DSC09208.jpgのサムネール画像 9日から常設展示が始まったD.I.Y DEPT.展。
 フリーペインターの倉科昌高さんと、GELCHOPのモリカワさん、オザワさんとのコラボ作品が数多く展示販売しております。


 その一角に飾られているのがキッズサイズのフィッシュスケール柄のヘルメットと、メラメラ燃えている炎が印象的なヘルメットです。
2〜3歳のお子さんにピッタリの自転車用ヘルメットは、まるでトップレーサーのようにかっこいいです!
 炎をペイントした安全帽はギンギンのラメ仕様で燃える想いをアピールすれば元気百倍。視認性も断然アップで安全指数120%です。




 そして、さらに本日は倉科さんとGELCHOPのモリカワさんが@btfにいらっしゃいました。
 モリカワさんが箱から取り出したのは・・・真っ白な新しいヘルメットです。
これから倉科さんがペイントを開始するようです!! 新しいヘルメットの完成が楽しみです!!!!



DSC09207.jpg と、その前に安全隊長こと倉科さんがビシッとポーズを決めてくれました!!! ん?隊長??でもよく見たら・・・ ヘルメットにタンコブ出来てますよ!! ヘルメットしたからと言って油断は禁物ですね。 さて、そんなユーモア溢れる作品をぜひ@btfにて楽しんで下さい。 倉科さんの燃えるヘルメットはこちらからもご覧いただけます。


本日2010年12月10日から
チームラボ×高橋英明「浮遊する楽器」展と 「D.I.Y.」の常設展スタートいたします!

昨夜はそのお祝いとして合同オープニングパーティーを開催いたしました。


沢山の方のご来場ありがとうございます! DSC09144.JPG
あれよあれよとお客様が増え、
会場は楽しい雰囲気に包まれました!
D.I.Y.の展示でコミカルな話題が行き交い、
チームラボのスペースでの別世界感がパーティーをさらに盛り上げていました!





全くタイプの違う展示が同時に見れるのはもしかしたらココだけかもしれませんね!

DSC09132.JPGDSC09153.JPG













見て触って聞いて発見して、そんな五感をフルに活用させてくれる内容となっております!
チームラボ×高橋英明「浮遊する楽器」展 は12月26日(日)までです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております!

そして昨日ご来場いただいた皆様、チームラボの方々、D.I.Y.DEPTの倉科さん、ゲルチョップのお二人、どうもありがとうございました!



最後に。。。D.I.Y.DEPTの倉科さん、ゲルチョップのお二人とチームラボ代表の猪子さん、そして青木克憲の集合写真で今日は終わりたいと思います!


DSC09149.JPGのサムネール画像のサムネール画像













DSC09101.JPGのサムネール画像
今日ご紹介するのは
写真家佐内正史氏の写真集「EVA NOS」です。





 「対照」レーベルから5月に発売された、 パチンコ台「CR エヴァンゲリオン」を被写体に、 佐内正史氏自らがプレイしながら撮影した写真集「EVA NOS」。 1000部限定のエディションナンバー入りです。 元々、"日常"を切り取ることに定評のある佐内氏が、 パチンコ、そしてエヴァというもはや日本の日常とも言える カルチャーを、美しく、刺激的なイメージに仕上げている作品です!







中身を少し拝見してみましょう! DSC09102.JPGのサムネール画像



色彩が鮮やかでとっても素敵です!
個人的なおすすめですが、佐内さんのHPがとっても素敵! http://www.sanaimasafumi.jp/



佐内正史 写真集「EVA NOS」はこちらからご覧いただけます。





@btfでは12月10日から始まる展示の準備真っ最中です!

チームラボ×高橋英明「浮遊する楽器」展と
倉科昌高氏、GELCHOP「D.I.Y.DEPT.」の常設展がスタートします。
どちらもお楽しみにお待ち下さい! 0110010000172.jpg



さて今日はgunung(グノン)の
「R-TUBE ライターケース」をご紹介いたします。


不要になった自転車のチューブを利用したハンドメイドのライターケースです。金具パーツをベルトやバッグなどにかけて使います。チューブ本来のロゴマークやパンク修理の痕など、一点一点に個性があり、使いこんでいくことでどんどん愛着がわいてきます。



お買い上げの方にはグノンオリジナルステッカーをプレゼントしております!

また、@btfでは他にもベルトやウォレットコードなどgunung(グノン)の商品を多数取り扱っております!

自転車好きな方は要チェックの商品ですね!

gunung(グノン)「R-TUBE ライターケース」はこちらからご覧頂けます。



Teeth clamp

| コメント(0) | トラックバック(0)


DSC09038.JPG 12月10日から始まる「D.I.Y DEPT. 常設展」に先駆け、今日はGELCHOPのTeeth clampをご紹介します。

 それでは早速、ここ@btfのD.I.Yコーナーに入ってみましょう!!
中を覗いてみると・・・なんと20センチはある大きな歯が棚に噛み付いています!!

よくよく見てみると、歯の形をした大型クランプでした!!! 物を挟み込んで仮固定する時に重宝するクランプですが、こんなクランプがあったら作業がもっと楽しくなるかもしれませんね。






 

DSC09035.JPG ハンドワークで、イメージと現実の世界をつなぐこと「子供なアイデアを大人なクオリティーで形にする」というテーマを掲げる、モリカワリョウヘイ氏、オザワテツヤ氏による造形ユニットGELCHOPと、フリーランスのイラストレーターを経て、93年よりカスタムペインターとして現在はありとあらゆる立体物をベースにカスタムペイント作品を制作している倉科倉科昌高氏によるD.I.Y DEPT.。

Do It Yourselfの意味を持つこの常設展は、"変化していく小屋"として外側(デザイン)、内側(商品)をクリエイションしていきます。
 様々なホームセンターグッズがワン・アンド・オンリーのアート作品として販売されます。 ショップやパブリックアートなどを手掛ける彼らの作品が手頃な価格で購入出来ます。
ぜひぜひ足をお運びください!!

 GELCHOPの商品はこちらからもご覧頂けます。

Mr_peanut.png
皆さんミスターピーナッツってご存知ですか?
名前は知らない方もこの紳士な姿を見たら分る方が
大勢いらっしゃるのではないでしょうか?


アメリカ生まれの彼のグッツは数多く作られています!
長い歴史をもつ彼は世界中から愛されていますよね。


今日はそんな彼のビンテージな商品をご紹介します!











「ミスターピーナッツ ブリキ缶」
0340030000552.jpg

ピーナッツのお菓子で有名な、アメリカのプランターズ社から発売されている「ピーナツ菓子」のブリキ缶。缶に描かれているマスコットキャラクター、Mr.ピーナッツは、アメリカではとても人気の企業キャラクターであり、ブランターズ社がキャラクターを公募した中から、14歳の男の子が応募したこのキャラクターが採用されたことでも話題になりました。多くのグッズが販売されており、コレクターも数多く存在する人気キャラクターです。1960年代のビンテージ商品で、現在よりも若干、ニヒルっぽさが漂うミスターピーナッツが描かれています。


さらにもう一点!
0340030000562.jpg
「ミスターピーナッツ ブリキ缶」

ピーナッツのお菓子で有名な、アメリカのプランターズ社から発売されている「ピーナツ菓子」のブリキ缶。
こちらは、1930年代のビンテージ商品で、現在のミスターピーナッツとはだいぶ違い、かわいらしさが抜けたミスターピーナッツが描かれており、貴重なビンテージグッズとなっています。


30年代、60年代のピーナッツ缶。
今では入手困難な貴重なグッツを2点ご紹介しました!

Mr.ピーナッツのグッツはこちらからご覧いただけます。


Postkarten

| コメント(0) | トラックバック(0)


朝の台風かとおもう天候も過ぎ去って、すっかり小春日和ですね。
気温差にわたわたしてしまいそうです。


話は変わりますが、皆さん手紙を書くのはお好きですか?
あんがい手紙を書く事よりも書く為のポストカードを集めるのが大好き!
なんて方も多いのではないでしょうか?


今日はポストカードのご紹介です!
ブログのタイトル「Postkarten」とはドイツ語で「ポストカード」という意味です。0350020000183.jpg





「Joseph Beuys(ヨーゼフ・ボイス) JB02 Postkarten」

ドイツの現代アーティスト、ヨーゼフ・ボイスのポストカード

80枚セット、1985年の作品です。


ボイス自身のポートレートや、ドローイング作品、彫刻作品等、80枚すべて異なるデザインになっていま す。

専用の箱には、直筆のサインが入っています。ヨーゼフ・ボイスは、初期のフルクサスに関わり、

パフォーマンスアートの数々を演じ名を馳せたほか、彫 刻、インスタレーション、ドローイングなどの

作品も数多く残しています。


脂肪や蜜蝋、フェルト、銅、鉄、玄武岩など独特な素材を使った立体彫刻は、

彼の代表的作品となりました。「人間は誰でも芸術家である」という彼の残した言葉は、

20世紀後半の芸術界に大きな影響を与えました。



大容量の80枚セットです!送るのがもったいなくなる、そんな内容が詰まっている商品です。

「Joseph Beuys(ヨーゼフ・ボイス) JB02 Postkarten」はこちらからご覧いただけます!



101126_teamlab_02.jpgお知らせです!

12月10日よりチームラボ
「浮遊する楽器」展を開催するにあたり、会期中に
ウルトラテクノロジスト集団チームラボ代表 
猪子寿之氏のセミナーを行います。


12月14日、12月21日の全2回。

第1回目のセミナーでは、
これまでチームラボが手掛けてきた仕事のこと、
制作の背景、猪子氏ご自身のバックボーンについて語っていただきます。さらに チームラボが目指すもの、についても話していただく予定です。

第2回目のセミナーは、
来場者の方からの質問に対し、
"猪子寿之流の回答"をしていただきます。


2回とも全て受講出来る方を対象に参加者を募集いたします。

詳しくはこちらから。

受講者数に限りがございます。
興味のあるかたはお早めにご応募下さい。

みなさまのご応募お待ちしております。